メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

K原さんちの里山探検

/24 コケイラン 赤い斑紋“笑顔模様” /鳥取

コケイラン=桐原真希さん撮影

 初めてこのランの姿を見たのは、2016年5月13日でした。青葉がまぶしい初夏、南部町の南さいはく地区で、仲間と谷筋を歩いていた時のこと。地面から丈30センチほど伸びた見慣れない花に思わず足が止まりました。1センチくらいの小花が集まって、黄色い塔のように立ち上がっています。

 かがんでその唇弁(しんべん)をよく見ると、白地の花弁に赤い斑紋が細かく散っていました。それがまるで笑っている人の顔に見える模様もあり、いい表情が他にもないだろうかと、ついついミツバチのように一つ一つの花びらをチェックしたくなりました。野生のランが自生しているということだけでも、うれしい出合いなのに、それが人生初対面という記念の思い出も重なりました。

 しかし、ランの仲間の多くは乱獲や環境改変、鹿の食害などで、絶滅危惧種に指定されています。コケイランも同じく東京都ではすでに絶滅種扱いで、千葉、神奈川、埼玉など関東甲信越地方では、絶滅危惧1類のカテゴリーに区分され、危機的状況に置かれています。

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです