メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラックホール

撮影に貢献、国立天文台助教の秦さん 研究の苦労、展望語る 出身地・松江で講演会 /島根

講演する秦和弘さん=松江市玉湯町の玉湯公民館で、榊原愛実撮影

 人類が初めて成功したブラックホールの影の撮影で、国際研究チームの一員として大きく貢献した国立天文台助教、秦(はだ)和弘さん(35)=宇宙物理学専攻=が13日夜、出身地の松江市玉湯町の玉湯公民館で講演し、研究の苦労や展望に約350人が耳を傾けた。【榊原愛実、鈴木周】

 今回のプロジェクトは約10年前に始まったといい、南米チリの人里離れた砂漠の高地で望遠鏡設置のための土木工事に取り組んだエピソードを紹介。質疑応答で中学生から「やりたいことを見つけるに…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです