メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

回顧展

莞蕾の変遷たどる 風景画や平和願う100点 加納美術館 /島根

加納莞蕾の作品について解説する神英雄館長(左から2人目)=島根県安来市広瀬町布部の加納美術館で、鈴木周撮影

 安来市広瀬町布部の加納美術館(神英雄館長)で、同市出身の洋画家、加納莞蕾(かんらい)(本名・辰夫、1904~77年)の平和運動開始70年を記念した回顧展が開かれている。浜田市の原井小学校で美術教員を務めながら独立展への出品を続けた駆け出し時代や平和運動に打ち込んだ時代の風景画や書簡など計約100点。6月10日ま…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです