メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

ライアー奏で世界旅 弦楽器奏者・まかなさん、CD付き本 音楽介した出会いつづる /愛媛

「自然の中の静けさに似た響きがある」とライアーを奏でるまかな瑠音さん。手前は著書「風の描いた旋律」=愛媛県今治市桜井で、松倉展人撮影

 映画「千と千尋の神隠し」の主題歌でも使われた弦楽器・ライアーに魅せられた今治市在住の奏者・まかな瑠音(るおん)さん(69)が、国内外での出会いや音楽への思いをつづった「風の描いた旋律」(晴耕雨読刊)を出版した。オリジナル19曲を収録したCD付きで、古代ギリシャの竪琴(たてごと)をルーツに持つ響きとともに独特の世界を楽しめる。【松倉展人】

 まかなさんは横浜市生まれ。大学卒業後、ピアノや電子オルガンを自宅で教えてきたが、48歳のある日、ふ…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文682文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです