メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂本繁二郎展

軍艦と沈んだ「幻の絵画」 スケッチなど資料を展示 筑後川の風景描く 久留米市美術館 /福岡

坂本繁二郎の「千歳川景勝図」に関わる資料を見る来館者

 久留米市美術館(野中町)で開催中の「没後50年 坂本繁二郎展」(毎日新聞社など主催)で、坂本が戦時中、軍艦「千歳」に筑後川の風景を描いた油彩画「千歳川景勝図」を納めたことを示す資料の展示が14日、始まった。この油彩画は軍艦とともにフィリピン沖に沈んだとされ「幻の絵画」となっている。

 展示されている関連資料は10点で、遺族の元に残されていた。「千歳川景勝図」…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新型コロナ サッカーJ1鳥栖、10人感染

  3. ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場でイベント

  4. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです