丸山衆院議員

「戦争」発言 辞職を否定 維新が除名処分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
丸山穂高衆院議員
丸山穂高衆院議員

 日本維新の会は14日、北方領土返還に関し「戦争をしないとどうしようもなくないか」などと発言した丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=について、「発言は平和主義から逸脱し、非常識極まりない」などとして同日付で除名処分とした。松井一郎代表(大阪市長)は丸山氏に議員辞職を促したが、丸山氏は自身のツイッターに「これより先の期間は無所属にて活動する」と投稿し、辞職を否定した。

 松井氏は市役所で記者団に「元島民を傷つけ、北方領土返還に尽力されてきた皆さんの行為を踏みにじるもので、国会議員としてあるまじき行為と発言だ」と述べ「申し訳ない気持ちでいっぱい」と陳謝。「(議員を)辞めるべきだ」と語った。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文617文字)

あわせて読みたい

注目の特集