メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

米中、果てなき我慢比べ 関税第4弾発表 生活直撃避けられず

 米中両政府が新たな制裁・報復措置を相次いで打ち出したことで、両国の貿易戦争はさらに深刻度を増した。両国間の輸出入品のほぼ全てが追加関税の対象になる事態が現実味を帯び、世界経済への影響拡大を懸念する金融市場では動揺が広がっている。着地点はどこにあるのか。双方譲らぬ現状に、対立解消の糸口は見えないままだ。

 「我々は非常に強い立場にある。米国経済は好調だが、中国はそうではないためだ」。トランプ米大統領は13日、中国との交渉に自信を示し、6月末に大阪市で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の際に中国の習近平国家主席と「会うことになるだろう」と明言した。

この記事は有料記事です。

残り2563文字(全文2849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  2. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  3. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

  4. 帰国者の今後 症状ない人もウイルス検査へ 検疫体制さらに特別対応

  5. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです