メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

第2部 空洞化する国家/下 ルーマニア汚職止まらず 与党、民主化に逆行

「法の支配」を弱める反EU的なルーマニア政府の動きに抗議するデモ参加者ら=首都ブカレストで、ロイター

 「ルーマニアは犯罪者たちの天国になってしまった」。先月24日、野党・ルーマニア救出同盟のバルナ党首は首都ブカレストで記者団に怒りをぶちまけた。与党・社会民主党(PSD)が汚職に関する罪の時効短縮を盛り込んだ刑法改正案を国会に提出し、承認されたからだ。

 2016年から政権を担うPSDは、司法の権限を弱めるような法・制度改正に動く。17年1月には一定額以下の政治家の不正を訴追しないなどとする政令を施行した。この政令は1989年の革命以降最大規模の抗議デモを招き撤回。しかし、PSDはその後も汚職捜査を担当する国家汚職対策局の首席検事を解任するなど「反司法」の姿勢を崩さなかった。

 ルーマニアでは革命後も共産主義時代のエリート層が権力を握り続け、汚職や縁故主義がまん延した。対策強…

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1154文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです