メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「農業あるある」から脱却を=農業ジャーナリスト 青山浩子

 農業者を対象とした講演会は、たいてい主催者のこのようなあいさつから始まる。「農業を取り巻く環境は厳しい」「輸入農産物が増え、国内農業は危機的状況」「高齢化、後継者不足で、生産力の弱体化が懸念されている」。これらは「農業あるある」だ。

 実際の農業は多様化しており、一面的に語ることはできない。日本政策金融公庫によれば、担い手の6割以上に後継者が存在している。離農者数は確かに増えたが、意欲ある農家にとっては規模拡大の絶好の機会だ。農産物輸入量は増えてはいるが、小売店や外食業者の国産志向は高まる傾向にあり、農業者にとって販路拡大の機会は増している。地域や農村の再生のた…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文710文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです