連載

追跡

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

追跡

食品ロス削減に前進 衆院委で法案可決 賞味期限、意識改革促す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 食べられる食品を廃棄する「食品ロス」の削減を進める食品ロス削減推進法案が14日、衆院消費者問題特別委員会で可決された。食品ロス削減の意識を高め、食品を活用する仕組みを作ることが狙い。国と自治体には、実態調査や貧困世帯に食品を提供する「フードバンク」活動の支援を促す。今国会で成立する見通し。【岡礼子、椋田佳代】

 法案は、国内の取り組みを加速させようと、昨年12月に発足した超党派の議員連盟がまとめた。閣僚級会議の設置も盛り込んでおり、議連事務局長の竹谷とし子参院議員は「多くの人がもったいないと思っているのに食品ロスが減らない。環境にも悪影響を及ぼす」と、本格的な対策の必要性を訴える。

この記事は有料記事です。

残り2178文字(全文2472文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集