メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露首脳会談

開催を協議 両国外相、関係改善前向き

 【モスクワ大前仁】ポンペオ米国務長官とラブロフ露外相は14日、ロシア南部ソチで会談し、6月末の主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせた首脳会談開催を協議した。米国でトランプ大統領がロシア疑惑に介入したという問題への捜査が終了したことを受け、米露両国は関係修復への取り組みを本格化させている格好だ。

 ポンペオ氏は昨年4月の就任以来初めてロシアを訪問し、14日にプーチン露大統領も表敬訪問する。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです