メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性犯罪

刑法見直し訴え 被害者団体、法相に要望書提出

刑法見直しの必要性を訴える山本潤さん(中央)=東京都千代田区で2019年5月13日

 各地の裁判所で相次いだ性暴力事件での無罪判決を受け、性暴力被害者らでつくる一般社団法人「Spring(スプリング)」(山本潤代表理事)が13日、刑法の見直しなどを求める要望書を山下貴司法相と最高裁の大谷直人長官宛てに提出した。

 無罪判決はいずれも3月、福岡地裁久留米支部▽静岡地裁浜松支部▽名古屋地裁岡崎支部▽静岡地裁--で出された。性交の事実や、…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです