メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

「共に生きる社会」めざして 高校生作文コンテスト

[PR]

 「第10回『共に生きる社会』めざして 高校生作文コンテスト」を開催します。

     <募集テーマ>(1)「医療と福祉、わたしの体験」(2)「未来のための今を生きる」(3)「多様性を認め合う社会をめざして」の三つの中から一つを選択<応募資格>高校生またはそれに準ずる学校の生徒<応募方法>本文1200~1600字(400字詰め原稿用紙使用)日本語で本コンテストのために書き上げたものに限る。他のコンテスト等に類似の作品を重複応募している場合、発表後でも受賞を取り消すことがあります。1人1点まで。作品の最初に題名を記入。個人応募の場合は所定の「作品応募シート」、学校やクラス単位で応募の場合は「団体用作品送付シート」と「作品応募シート」が必要。詳しくは国際医療福祉大学ホームページにて<賞>最優秀賞1点、優秀賞2点、佳作2点、入選5点、学校賞5校程度。最優秀賞、優秀賞、佳作の受賞者は、2020年3月ごろにベトナム・ホーチミン市で医療福祉機関の見学や研修をする医療福祉体験ツアーにご招待<締め切り>9月24日(火)当日消印有効<発表>11月下旬に毎日新聞紙上、国際医療福祉大学ホームページ上<表彰式>11月30日(土)国際医療福祉大学東京赤坂キャンパスにて<応募・問い合わせ先>〒102-0074 東京都千代田区九段南1の6の17千代田会館5階 毎日企画サービス「共に生きる社会」めざして 高校生作文コンテスト事務局 電話03・6265・6816(平日10~17時)<ホームページ>https://www.iuhw.ac.jp/

     主催 国際医療福祉大学、毎日新聞社/後援 文部科学省(申請中)、全国高等学校長協会

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

    2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

    3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

    4. プロ野球ドラフト×社会人 日ハム1位指名 JFE西日本・河野竜生投手 「小さな大投手」と期待される174センチ左腕 

    5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです