メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

「百舌鳥・古市」世界遺産へ つながり輝き放つ 古墳群の多様性を評価

世界遺産に登録勧告された百舌鳥古墳群の百舌鳥陵山古墳(履中天皇陵、手前)と大山古墳(仁徳天皇陵)=堺市で2019年5月14日午前9時50分、本社ヘリから

 大阪府の「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」がユネスコの世界文化遺産に登録される見通しとなった。今回、49基の古墳について、多様で個性のある「群」として価値が評価された。一方で、勧告が指摘する「地域の関与のあり方」「開発からの保護」など、今後検討すべき問題も浮かび上がった。

 「『多様性』という価値が認められた」。大阪大の福永伸哉教授(59)=考古学=は、世界文化遺産登録に大きく前進したことを歓迎する一人だ。巨大な前方後円墳だけでなく、その周囲に寄り添う複数の小さな古墳を含む「多様性のある集まり」の価値が、認められたからだ。日本の考古学が大切にしてきた、つながり合ってこそ放つ輝きが、世界中に知られることを願っている。

 福永教授は古墳研究のけん引役の一人で、2012年から登録推進本部の有識者会議委員として推薦書の原案作成にも携わった。ただ、その価値を「世界基準」に合わせるのは簡単ではなかった。

この記事は有料記事です。

残り1633文字(全文2037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  4. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです