メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/278 第四話 黒武御神火御殿=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 甚三郎は息を呑(の)んでしまった。

「本人が岡場所に行くって言い出したんだよ。それがいちばん話が早いって。妹を食わせなくちゃならねえし、おっかさんの薬礼を踏み倒すわけにはいかないからってな」

 急にいきり立ったせいで、息を喘(あえ)がせて、

「おれは甚さんみたいなお気楽な遊び人じゃねえ。金がなきゃ酒が飲めねえ。飲めなきゃ手が震えて、曲尺(かねじゃく)も鋸(のこぎり)も使えねえ。それじゃ日銭も稼げねえ。しょうがねえだろ!」

 甚三郎は身震いした。顔が熱くなった。胸の底は冷えてゆく。

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文914文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです