メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働き方改革関連法

残業削減、迫られる対応 罰則付き規制、大企業へ適用開始 中小も来年施行

 働き方改革関連法が4月、本格的に施行された。最大の柱は時間外労働(残業)の罰則付き上限規制。大企業は既に適用が始まった。規制を先取りする形で、数年前から、独自の工夫により残業減らしを進めている企業がある。一方、従業員の少ない中小企業や、長時間労働につながる慣行が残る業界は、実効性のある対応を迫られている。

 残業は原則、月45時間、年360時間まで。繁忙期など特別事情があっても月100時間未満(休日労働を…

この記事は有料記事です。

残り1634文字(全文1838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです