メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

西武11-7ソフトバンク タカ、反撃も届かず

 西武が先発全員の17安打で打ち勝った。二回に外崎の3ランで逆転。三回に秋山、山川が連続ソロ、五回に中村が3ランを放った。高橋光が3勝目。ソフトバンクは九回に2点を返したが、投手陣が今季ワーストタイの11失点を喫したのが誤算。

初先発・椎野崩れる

 プロ初の先発マウンドに登ったソフトバンクの右腕・椎野が三回途中5失点と打たれ、首脳陣の期待に応えられなかった。

 先発ローテーションの谷間で、救援陣の継投で1試合を賄う「ブルペンデー」。椎野は196センチの長身か…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文559文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです