メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被爆体験者訴訟

差し戻し審 故人の入市被爆認定 長崎地裁判決

 長崎原爆投下直後に爆心地付近に入り被爆したと訴え、訴訟中に死亡した男性の入市被爆の有無を審理していた差し戻し審で、長崎地裁は14日、男性を入市被爆による被爆者と認める判決を言い渡した。弁護団によると、死亡した人が被爆者と認められるのは極めて異例。

 男性は原爆投下時に国が指定する被爆地域の外にいた「被爆体験者」388人が長崎市などに被爆者健康手帳交付などを求めた集団訴訟原告の1人。最高裁は2017年に387人の上告を…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです