メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄

きょう本土復帰47年 窮状伝えた2500通 「人権抑圧」復帰前に本土へ手紙

過重な基地負担を示す自作の資料帳を前に、本土復帰への思いを振り返る山城正二さん=沖縄県国頭村で

 15日に本土復帰47年を迎えた沖縄。名護市の山城正二(やましろせいじ)さん(83)は1972年の復帰前、全国の見知らぬ人々に毎日1通の手紙を送り、日本国憲法が適用されない米国統治下の窮状を訴えた。復帰はかなったものの、過重な基地負担は変わらず、苦しみは今なお続く。山城さんは言う。「多くの基地を抱えている沖縄の人々の思いがいまだに本土に届いていない」【遠藤孝康】

 「悲願の定期便」と書かれた台帳には、手紙を送った日付と宛先、返信の有無が記録されている。山城さんは…

この記事は有料記事です。

残り1428文字(全文1660文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  4. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  5. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです