メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡邊圭祐

「仮面ライダージオウ」のウォズ 初単独イベント開催 写真集発売を一緒に祝福?

初写真集の発売記念イベントを6月29日に開催する渡邊圭祐さん

 特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」に、「祝え!」から始まる決めぜりふでおなじみのウォズ(仮面ライダーウォズ)役で出演中の渡邊圭祐さんが、ファースト写真集(東京ニュース通信社)の6月26日の発売を記念し、自身初の単独イベントを同29日に開催することが明らかになった。

 渡邊さんは1993年11月21日生まれ。宮城県出身の25歳。「仮面ライダージオウ」では初演技にもかかわらず、「黒ウォズ」と 「白ウォズ」の一人二役に挑戦。劇中では独特の雰囲気を醸し出し人気を集めている。

 ファースト写真集は、渡邊さんが昨年、地元・仙台から上京し、ちょうど1年にあたる記念すべき日(6月26日)に合わせて発売される。テーマは「素、自然体、等身大」で、生まれ育った仙台で撮影。渡邊さんは母校や働いていた古着店、かつてよく通っていたという河川敷など、 思い出の場所を訪れると、自然に笑みがこぼれ、ナチュラルな表情になったといい、古着店ではセルフスタイリングにも挑戦している。またロングインタビューでは、関係者の証言から渡邊さんの知られざる姿にも迫った。

 初の単独イベントは福家書店新宿サブナード店(東京都新宿区)で開催。握手やツーショット撮影など、渡邊さんとファンとの貴重な交流の時間となる。渡邊さんは「仙台から上京をし、仮面ライダーのクランクインからちょうど丸一年の日でございます。写真集では、役以外の渡邊を知っていただきたいと思い、自分の地元である宮城県、自分のルーツともいうべき地を巡り、素に近い自分を撮影していただきました。写真集同様、イベントにもなるべく自然体で行きます。硬くならず、ともにゆるい時間を過ごしていい日にしましょう。渡邊としてお会いできる機会、心よりお待ちしております」とコメントしている。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火
  3. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです