70歳まで継続雇用 企業に努力義務 政府会議が方針示す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸で開かれた未来投資会議=2019年5月15日午後6時18分、川田雅浩撮影
首相官邸で開かれた未来投資会議=2019年5月15日午後6時18分、川田雅浩撮影

 政府は15日、「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)を開き、働きたい高齢者に対し70歳までの雇用確保を企業に求める具体的な方針を示した。継続雇用や他企業へのあっせんなど七つのメニューを設けるよう努力義務を課す。働く意欲のある高齢者を増やし、社会保障費の伸びを抑えることが狙いだ。厚生労働相の諮問機関・労働政策審議会の審議を経て、雇用期間を70歳まで引き上げることを柱にした高年齢者雇用安定法改正案を来年の通常国会に提出する。

 首相官邸であった会議には、安倍首相や関係閣僚、経団連の中西宏明会長、連合の神津里季生(りきお)会長らが出席した。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1033文字)

あわせて読みたい

注目の特集