メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無料低額宿泊所に最低基準 「貧困ビジネス」排除狙う 厚労省

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 元ホームレスなど生活の苦しい人たちが利用する無料低額宿泊所について、厚生労働省は15日、最低限の設備や運営方法を記した基準案を公表した。1部屋をベニヤ板などで区切り複数のスペースを設ける簡易個室と多人数の居室は3年以内に解消を図る。7月にも省令を制定し、2020年4月に施行する予定。

 基準案では、入居者が自立した日常生活を営めるよう必要なサービスを…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです