メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

KDDI、ソフトバンクが増益 NTTは減益 インド撤退が影響

auのロゴマーク=東京都千代田区で2019年4月16日、曽根田和久撮影

 携帯電話大手3社の2019年3月期連結決算が15日、出そろった。最終(当期)利益は、非通信事業が好調だったKDDI(au)とスマートフォンの累計契約者数が大幅に増えたソフトバンクの2社が増益。NTTドコモだけ、インドの関連会社から撤退した影響で減益だった。

ソフトバンクのロゴマーク=東京都千代田区で2019年4月16日、曽根田和久撮影

 KDDIが15日発表した最終利益は6176億円で、前期比7.9%増となった。高橋誠社長は記者会見で「グループ会社の成長が連結業績をけん引した」と述べた。

 今秋に予定されている改正電気通信事業法の施行を前に、携帯電話各社は通信料金を大幅に値下げするなど新たな料金プランを相次いで打ち出している。KDDIも6月に通信料金を従来より最大4割値下げするプランを導入するが、20年3月期決算に与える影響は1000億円規模の減収になる見通し。

NTTドコモの店舗=東京・羽田空港で2019年5月10日、米田堅持撮影

 最終利益はNTTドコモが16.1%減の6636億円で、上場後初めて決算発表したソフトバンクは7.5%増の4307億円だった。20年3月期では、NTTドコモが5750億円と13.4%の減益を見込む一方、ソフトバンクはヤフーを連結子会社化する効果も含めて4800億円と3.0%増を予想している。【宮崎稔樹】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 令和初 春の褒章670人に
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです