メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スルガ銀行 再起の見通し暗く 不正の源、創業家との関係絶てず

記者会見で厳しい表情を見せるスルガ銀行の有国三知男社長(左奥)=静岡県沼津市で2019年5月15日午後4時5分、竹内紀臣撮影

 「過度な営業実績主義による組織風土が招いた結果だ」。スルガ銀の有国三知男社長は15日の会見で、不正の実態を明かした。

 投資用不動産向け融資(約1・8兆円)はスルガ銀の融資残高の約6割を占める主力事業だ。全件調査の結果では、審査書類の改ざんなどの不正は、疑いのあるものや不動産会社によるものも含め約1兆700億円に上る。

 さらにスルガ銀は同日、無担保ローンについても、行員1人がデート商法などの詐欺的行為に関与していたと…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1062文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです