メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スルガ銀 高収益ビジネスモデル「結局は虚構」 地銀の苦境浮き彫りに

記者会見で厳しい表情を見せるスルガ銀行の有国三知男社長(左奥)=静岡県沼津市で2019年5月15日午後4時5分、竹内紀臣撮影

 「地銀の将来に光明を見いだしたと思ったが、結局は虚構だった。この先どう稼ぎ口を見つければよいのか」。高収益の投資用不動産向け融資のビジネスモデルを取り入れようと、3年前にスルガ銀行の幹部からレクチャーを受けたという西日本の地銀幹部は、肩を落とした。

 地銀を取り巻く経営環境は厳しい。地方では人口減少や地元経済の疲弊によって優良な融資先が減っているのに加え、日銀による大規模金融緩和の影響で空前の低金利となり、本業の貸し出し業務の収益が悪化している。メガバンクのように海外で稼ぐ手段を持たず、2019年3月期決算でも多くの地銀が最終減益となった。

 金融庁はこういった実情を踏まえ、各地銀が取引先企業の成長を積極的に後押しすることなどで新たな資金需…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1041文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです