メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米、月着陸に16億ドル予算増へ 目標前倒しでトランプ大統領

月着陸船と月面で活動する宇宙飛行士の想像図=NASA提供、共同

 トランプ米大統領は13日、2024年までに米国の宇宙飛行士を月面に着陸させるため、米航空宇宙局(NASA)の予算要求額を16億ドル(約1700億円)増やし、226億ドルとすると発表した。

 対象は、19年10月~20年9月の20会計年度。トランプ政権は3月末、目標の4年前倒しを表明し、予算見直しに着手していた。NASAによると、増額分は民間企業の有人月着陸船の開発支援などに充てる。議会が認めるかどうかは不透明だ。

 米国が主導する、月を周回する新宇宙ステーション「ゲートウエー」は、月着陸に必要な部分の建設を優先させる。(共同)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです