メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民主党予備選にモンタナ州知事 米大統領選へ立候補表明

2020年米大統領選に向けた民主党候補指名争いで立候補を表明した西部モンタナ州のスティーブ・ブロック知事=AP

 【ワシントン高本耕太】2020年米大統領選に向けた民主党候補指名争いで、西部モンタナ州のスティーブ・ブロック知事(53)が14日、立候補を表明した。選挙資金規制の強化を公約の柱に掲げる。同日公表したビデオで「トランプ大統領を倒し、大口献金が市民の声をかき消す腐敗した制度を打倒しなければならない」と訴えた。同党予備選の主要候補者は22人目となった。

 ブロック氏は州司法長官などを経て13年、知事に就任し現在2期目。長官時代から企業・団体の献金や政治活動を規制する立場で知られる。モンタナは16年の前回大統領選で、共和党候補のトランプ氏が得票率20ポイントの大差で勝利した州。ブロック氏は「自分に同意する人たちだけと対話していても物事は進まない」と述べ、低所得者・障害者向け公的医療保険「メディケイド」の拡大など、知事としての超党派協力による政策実現能力もアピールした。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです