メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徴用工問題で李首相、G20前に韓国政府見解は困難と示唆

 【ソウル堀山明子】韓国の李(イ)洛淵(ナギョン)首相は15日、韓国新聞・放送編集人協会主催の討論会に出席し、徴用工問題の解決策について、「司法手続きが進む中で政府が対策を立てるのは限界があるというのが結論」と述べ、6月に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議の前に政府見解を出すのは困難との認識を示唆した。

 李氏は、日本企業に賠償命令を下した昨年10月の韓国最高裁判決を受けて、政府見解をまとめる作業チームの責任者。勝訴した原告が賠償金を得るために被告企業の韓国資産売却手続きを進めていることや、元徴用工被害者と遺族の追加訴訟が相次いでいる状況を踏まえ、「行政府が前面に出て何か対応するのは、これまでの経験からみて成功しない」と述べ、司法手続きを見守る姿勢を示した。

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです