メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川文洋さん「基地のない平和な島を」願い日本縦断挑む ゴールは古里・沖縄

「あるき旅」で淀川左岸の土手を進む石川文洋さん=大阪府守口市内で2019年2月28日午後、高尾具成撮影

 ベトナム戦争の従軍取材などで知られる報道写真家、石川文洋(ぶんよう)さん(81)=長野県諏訪市=が日本縦断に挑んでいる。現在地は熊本県。間もなく土を踏むことになる古里・沖縄では、県民投票で7割超が反対したにもかかわらず、米軍普天間飛行場の辺野古移設に伴う埋め立て工事が続く。15日は本土復帰から47年。「基地のない平和な島を」。切なる願いを胸に、一歩ずつゴールを目指す。【高尾具成】

 石川さんは那覇市首里生まれ。4歳で本土に移住した。当時のあだ名は「オキナワ」だったという。予備校生…

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1085文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです