メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

司法試験、全国8会場でスタート 完全移行後、初の5000人割れ

 司法試験の会場で開始を待つ受験生=15日午前、東京都品川区

 法科大学院修了者らを対象とする司法試験が15日、全国7都市の8会場で始まった。受験者は4466人(速報値)。合格率の低迷や経済的負担から法曹志望者の法科大学院離れが進んでおり、旧試験をやめて新試験に完全移行した2012年以降、初めて5000人を割った。

     15、16、18日に論文式、19日に短答式を実施する。合格発表は9月10日。

     18年は5238人が受験し、1525人が合格した。合格者を1500人以上とする政府目標は超えたが、3年連続の減少で、新試験完全移行後で最低。合格率は29・11%だった。(共同)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
    2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
    3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
    4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
    5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです