メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白血病新薬「キムリア」保険適用 自己負担約41万円 抗がん剤効かなかった25歳以下患者に

 新型治療薬「キムリア」の投与バッグ(ノバルティスファーマ提供)

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は15日、一部の白血病などの血液がんを治療する新薬「キムリア」の保険適用を了承した。投与は1回だけで済み、価格は3349万円。1回当たりの薬の価格としては最高額となる。22日から保険が使える。

 患者から採取した免疫細胞の遺伝子を改変してがんへの攻撃力を高める「CAR―T(カーティー)細胞療法」と呼ばれる国内初の治療法。既存の治療法が効かない患者にも効果が高いとされる。保険適用で治療費の大部分がカバーされる一方で、医療財政への影響を懸念する声も上がりそうだ。キムリアは米国では5000万円超の費用がかかり、価格が注目されていた。

 治療費の窓口負担は通常1~3割だが、月ごとの自己負担に上限を設ける「高額療養費制度」があるため、年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです