メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キムリア3000万円超 がんや難病などの超高額薬、今後も保険申請相次ぐ見込み

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 「キムリア」の薬価は3349万円に上り、公的医療保険が適用される薬の値段としては過去最高を記録した。キムリアのように遺伝子組み換え技術を用いて製造されるバイオ医薬品は新薬開発の主流だ。これまで効果が得られにくかった一部のがんや難病などに一定の治療効果がみられるが、製造工程が複雑で開発費用がかさむことなどが薬の高額化する要因になっている。

 ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑・京都大特別教授の研究を基に開発されたがん治療薬「オプジーボ」もバイオ医薬品の一つだ。登場した当初は1回130万円で、1年間使い続けると約3500万円にもなる超高額薬として騒がれた。他にも、米国で既に承認されているリンパ腫治療薬「イエスカルタ」の値段は約4200万円、網膜疾患の治療薬「ラクスターナ」も約9500万円で、今後も国内でこうしたバイオ医薬品の保険適用申請が相次ぐことが見込まれる。

 薬が適用される患者数にもよるが、こうした超高額薬が増えれば医療財政にも影響が出るため、公的医療保険で賄う薬の範囲について見直しが迫られる可能性が高い。政府・与党内では超高額薬の保険適用は維持するが、市販薬で代替可能な軽症者向けの薬を公的保険から外すことなども検討され始めている。不人気政策ゆえ参院選後にこうした議論が本格化する見通しだが、国民が公平な負担の下で同じ医療を受けられる公的医療保険の根幹に関わるだけに議論を注視する必要がある。【阿部亮介】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです