モズのはやにえ「モテるための栄養食」 求愛さえずり質上げる 大阪市立大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 モズが獲物を木の枝に突き刺す「はやにえ」について、大阪市立大は15日、繁殖期前に多く食べた雄は性的魅力が増し、雌に好かれるようになるとの研究結果を発表した。

 モズは全長約20センチのスズメの仲間。秋から冬にかけて、バッタやヘビ、ネズミなどの獲物を木の枝や有刺鉄線に刺したはやにえを作る。なぜ作るのか理由は不明だった。

 大阪市大の西田有佑特任講師(行動生態学)らは、モズがはやにえを食べる時期を調査。繁殖期(2~5月)の直前の1月がピークで、寒さがさらに厳しい2月の消費はほとんどなかった。このため、単なる冬の保存食ではないと考えた。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文546文字)

あわせて読みたい

注目の特集