メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モズのはやにえ「モテるための栄養食」 求愛さえずり質上げる 大阪市立大

 モズが獲物を木の枝に突き刺す「はやにえ」について、大阪市立大は15日、繁殖期前に多く食べた雄は性的魅力が増し、雌に好かれるようになるとの研究結果を発表した。

 モズは全長約20センチのスズメの仲間。秋から冬にかけて、バッタやヘビ、ネズミなどの獲物を木の枝や有刺鉄線に刺したはやにえを作る。なぜ作るのか理由は不明だった。

 大阪市大の西田有佑特任講師(行動生態学)らは、モズがはやにえを食べる時期を調査。繁殖期(2~5月)の直前の1月がピークで、寒さがさらに厳しい2月の消費はほとんどなかった。このため、単なる冬の保存食ではないと考えた。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  5. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです