メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モズのはやにえ「モテるための栄養食」 求愛さえずり質上げる 大阪市立大

 モズが獲物を木の枝に突き刺す「はやにえ」について、大阪市立大は15日、繁殖期前に多く食べた雄は性的魅力が増し、雌に好かれるようになるとの研究結果を発表した。

 モズは全長約20センチのスズメの仲間。秋から冬にかけて、バッタやヘビ、ネズミなどの獲物を木の枝や有刺鉄線に刺したはやにえを作る。なぜ作るのか理由は不明だった。

 大阪市大の西田有佑特任講師(行動生態学)らは、モズがはやにえを食べる時期を調査。繁殖期(2~5月)…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです