メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「職場の会議室で使った」 経産省キャリアを再逮捕 覚醒剤の輸入・使用容疑

経済産業省=東京都千代田区霞が関で、瀬尾忠義撮影

 警視庁組織犯罪対策5課は15日、経済産業省のキャリア官僚で自動車課課長補佐の西田哲也容疑者(28)=東京都足立区綾瀬3=を覚せい剤取締法違反(輸入、使用)容疑で再逮捕した。同課によると、西田容疑者は容疑を認め、「自宅や職場のトイレ、会議室で使っていた」と供述している。

 逮捕容疑は4月中旬、米国から国際郵便で覚醒剤20.6グラムを輸入したり、4月中旬ごろから同28日までの間に都内などで使用したりしたとしている。西田容疑者は「うつ病の診断で処方された薬よりも強い効果を求め、今年2月に池袋で密売人から覚醒剤を購入した」と供述。4月以降、インターネットなどを通じて複数回購入していたとみられる。「倦怠(けんたい)感や無気力感がなくなり、すっきりする感覚があった」とも話している。【山本有紀】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです