大宅壮一ノンフィクション賞に2作品決まる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第50回大宅壮一ノンフィクション賞(日本文学振興会主催)が15日、河合香織さん(44)の「選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子」(文芸春秋)と安田峰俊さん(37)の「八九六四『天安門事件』は再び起きるか」(KADOKAWA)に決まった。賞金は各100万円。贈呈式は6月下旬、東京都内で行われる。

 河合さんは神戸市外国語大卒。2009年に「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」で第16回小学館ノンフィクション大賞を受賞。他の作品に「セックスボランティア」などがある。

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文396文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集