メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭で窪田正孝さんら会見 「聖地での上映、感無量」

笑顔で記者会見に臨む、左から三池崇史監督、窪田正孝さん、小西桜子さん=フランス・カンヌで2019年5月15日、小林祥晃撮影

 【カンヌ小林祥晃】第72回カンヌ国際映画祭が開かれているフランス・カンヌで15日、映画祭と並行開催されている「監督週間」にノミネートされた日本映画「初恋」の主演俳優、窪田正孝さんらが、17日の公式上映を前に記者会見した。カンヌ映画祭に初参加となる窪田さんは「映画の聖地で上映されることになり、感無量。(カンヌの)町を歩いているうちに、どんどんテンションが上がってきました」と感激の表情で話した。

記者会見を終え、記念撮影に応じる(左から)三池崇史監督、窪田正孝さん、小西桜子さん=フランス・カンヌで2019年5月15日、小林祥晃撮影

 一緒に会見に臨んだ三池崇史監督は「監督週間は『若手の登竜門』と言われている。いろいろな映画祭に出ているが、その『登竜門』に再び戻ってこられたのは幸せだと思う」と穏やかに話した。

 「初恋」は東京・歌舞伎町を舞台に、窪田さんが演じるボクサーが暴力団と中国マフィアとの抗争に巻き込まれ、謎の多いヒロイン・ユリ(小西桜子さん)と逃避行を繰り広げるアクション映画。日本では来年公開される。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです