メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「定年なく恵まれている」それとも「退職後は自由を満喫したい」 70歳まで働く時代へ 現場の声は

若手を指導する郡司孝一さん(右)。「溶接の技術を後進に伝えていきたい」と話す=宇都宮市内で2019年5月14日午前10時48分、矢澤秀範撮影

 15日にあった政府の未来投資会議で、70歳までの雇用の確保を努力義務として企業に課す高年齢者雇用安定法改正案の具体的な内容が示された。政府は、高齢者がより長く働ける仕組みが人手不足の解消や社会保障制度の安定化につながると期待するが、働く現場はどう受け止めるのか。

 薄暗い工場に鉄骨の甲高く硬い音が響き、溶接の青白い火花が散る。柱とはりを接続する「サイコロ」を組み立てる作業台の前。熟練工の郡司孝一さん(67)が、若手従業員に見本を示していた。加工指示書の束を確認しながら、ビルや工場の建設に使う鉄骨の部材をつないでいく。

 高卒後、半世紀近く鉄骨を加工する工場で働いてきた。経験は豊富だが、頼りは勘だけではない。「寸法は、…

この記事は有料記事です。

残り1421文字(全文1732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです