メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

70歳まで働く時代 報酬、結局は能力次第 低賃金で働かされる人も

未来投資会議で安倍晋三首相の発言を聞く経団連の中西宏明会長(左から3人目)と連合の神津里季生会長(同2人目)ら=首相官邸で2019年5月15日午後6時18分、川田雅浩撮影

 政府は15日、「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)を開き、働きたい高齢者に対し70歳までの雇用確保を企業に求める具体的な方針を示した。今回の国の方針では、定年を過ぎて働く場合の賃金にどのような影響を与えるかは示されていない。賃金は主に労使間で決める原則だが、より成果主義的な側面が強まったり、日本特有の年功賃金が見直されたりする可能性もある。厚労省幹部は「働くことができて能力がある高齢者は現役時代並みの賃金がもらえる一方、低賃金で働くことを余儀なくされる人も出るのではないか。年功制も変わっていくだろう」と明かす。

 定年を過ぎて再雇用されると一般的に賃金は下がる傾向にある。東京都の調査(12年)では、再雇用された…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1196文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです