メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

70歳まで働く時代 年金受給も75歳から? 政府が目論む社会保障「安定化」とは

未来投資会議で安倍晋三首相の発言を聞く経団連の中西宏明会長(左から3人目)と連合の神津里季生会長(同2人目)ら=首相官邸で2019年5月15日午後6時18分、川田雅浩撮影

 政府は70歳までの雇用確保策が固まったことを受け、公的年金制度についても雇用期間の長期化を踏まえた内容に見直す方針だ。働き続けて一定の収入がある高齢者を念頭に、年金の受給開始時期を遅らせる選択をした人に対しては、将来の年金給付を手厚くする制度を拡充。来年の通常国会に提出予定の年金制度改革関連法案で、受給開始年齢の上限を現行の「70歳」から「75歳」に引き上げる方向で検討を進める。

 公的年金制度は原則65歳を支給開始年齢としているが、実際に受け取りを始める時期は現在、60~70歳…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 令和初 春の褒章670人に
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです