メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東洋大、立正大にサヨナラ勝ち 津田の一振りで接戦制す

サヨナラ打を放ち、拳を突き上げる東洋大の津田翔希=神宮球場で2019年5月15日午後1時26分、真下信幸撮影

 ○東洋大2―1立正大●

 東都大学野球第4週は15日、神宮球場で3試合があり、首位の東洋大は立正大にサヨナラ勝ちし、勝ち点を4に伸ばした。

 試合を決めたのは、途中出場の東洋大の津田(4年・浦和学院)の意地の一振りだった。

 同点の九回1死二塁で打席へ。「相手(立正大・糸川)の決め球はチェンジアップ。必ず投げてくる」と球種を絞った。2球目の高めに浮いたチェンジアップをは…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです