メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神5本塁打で乱打戦制す 巨人・菅野六回途中で10失点

 ○阪神13―8巨人●(15日・東京ドーム)

 5本塁打の阪神が乱打戦を制した。一回に糸井の2ランなどで3点を先行。1点差に詰め寄られた直後の五回は福留がソロ。六回には木浪のソロと大山の2ランなどで4点を奪った。巨人の先発・菅野は制球難で、六回途中10失点と崩れた。

 阪神・矢野監督 (プロ入り初勝利を挙げた2番手の守屋について)苦しんできた選手だけど、こういう舞台でピシャッと抑えて、流れを持ってきてくれた。素晴らしい。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです