阪神5本塁打で乱打戦制す 巨人・菅野六回途中で10失点

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ○阪神13―8巨人●(15日・東京ドーム)

 5本塁打の阪神が乱打戦を制した。一回に糸井の2ランなどで3点を先行。1点差に詰め寄られた直後の五回は福留がソロ。六回には木浪のソロと大山の2ランなどで4点を奪った。巨人の先発・菅野は制球難で、六回途中10失点と崩れた。

 阪神・矢野監督 (プロ入り初勝利を挙げ…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文210文字)

あわせて読みたい

ニュース特集