メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猛虎打線がめった打ち 菅野プロ最悪の10失点

五回表阪神1死、福留(左)に本塁打を浴びた巨人・菅野=東京ドームで

 ○阪神13―8巨人●(15日・東京ドーム)

 猛虎打線が、昨季まで2年連続で沢村賞に輝いた巨人のエース菅野をのみ込んだ。六回途中までに4本塁打を含む11安打を浴びせてノックアウトした。特に大きかったのが中盤のベテラン福留のソロだ。

 1点差に詰め寄られた直後の五回の第3打席。初球に来た高めの速球を完璧にとらえて右翼席に運んだ。「相手に行きかけていた流れを取り戻すためにも良かった」と喜んだ。

 打線全体としてもファーストストライクから打っていく、積極的な姿勢が光った。福留は「後手に回ってしまっては難しい。どんどん仕掛けていく気持ちでないといけない」と意図を説明する。六回に菅野を降板に追い込んだ大山の2ランも、初球をとらえたものだった。

 菅野に、プロで最悪の10失点という屈辱を味わわせた阪神。清水ヘッドコーチは「相手のエースからこれだけ点が奪えたのはうれしい。これで苦手意識なく戦える」と単なる1勝以上の手応えを感じていた。【岸本悠】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです