メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 大嘗祭の米、栃木と京都から

斎田点定の儀で使われるアオウミガメの甲羅を加工したもの=宮内庁提供
斎田点定の儀で使う道具

 皇位継承こういけいしょうともなって11がつにある皇室こうしつ行事ぎょうじ大嘗祭だいじょうさい」で、そなえるこめ収穫しゅうかくする地域ちいきめる「斎田さいでんてんてい」が13にち皇居こうきょでありました。かめ甲羅こうら使つかってうらな儀式ぎしきです。東日本ひがしにほん西日本にしにほんから栃木県とちぎけん京都府きょうとふがそれぞれえらばれました。

     午前ごぜん10ごろ、皇居こうきょ敷地内しきちないもうけた「さいしゃ」とばれる天幕てんまくなかに、天皇てんのうやと職員しょくいんにんはいりました。儀式ぎしき非公開ひこうかいで、やく40ぷんわりました。宮内庁くないちょうは、どのような亀裂きれつはいって2府県ふけんえらばれたのかを公表こうひょうしていません。どのんぼを使つかうかは、これからめます。

     大嘗祭だいじょうさいしん天皇てんのう五穀豊穣ごこくほうじょうくに安寧あんねい神々かみがみいの儀式ぎしきです。そなえるこめ産地さんちは、古代こだいからうらないでめてきたそうです。平成へいせい秋田あきた大分おおいた昭和しょうわ滋賀しが福岡ふくおか大正たいしょう愛知あいち香川かがわ明治めいじ甲斐かい山梨やまなし)と安房あわ千葉ちば)でした。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
    2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
    3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
    4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
    5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです