メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

科学 「温暖化対策で飢え広がる」 京都大学など分析

 地球温暖化ちきゅうおんだんかおさえることで、2050ねん世界せかいで1おく6000万人まんにんえるおそれがあると、京都大学きょうとだいがくなどの研究けんきゅうチームが分析ぶんせきしました。

     温暖化対策おんだんかたいさくには植物しょくぶつつくるバイオ燃料ねんりょうなどが有効ゆうこうとされています。しかし、田畑たはたにバイオ燃料ねんりょうようのトウモロコシなどをえると、食料しょくりょうよう小麦こむぎなどがって値段ねだんがり、まずしい途上国とじょうこく食料しょくりょうはいりにくくなるということです。

    食料しょくりょう支援しえんうった

     とはいえ、国際こくさいルール「パリ協定きょうてい」の目標もくひょうは、産業さんぎょう近代きんだいした18世紀せいきからの気温きおん上昇じょうしょうを2未満みまんおさえることです。温暖化おんだんかおさえられなければ、食料不足しょくりょうぶそく以上いじょう悪影響あくえいきょう世界せかいおよ可能性かのうせいがあると専門家せんもんか指摘してきしています。研究けんきゅうチームは、世界せかい国々くにぐに途上国とじょうこく食料しょくりょうわたるように行動こうどうすれば、えの危険きけんけられると支援しえんうったえています。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
    2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
    3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
    4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
    5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです