メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

斎田点定の儀で使う道具
斎田点定の儀で使われるアオウミガメの甲羅を加工したもの=宮内庁提供

 大嘗祭だいじょうさいそなえるこめ産地さんちを「ぼく」といううらないでめる儀式ぎしきです。将棋しょうぎこまかたちたてやく24センチ、よこやく15センチ、あつやく1ミリ)に加工かこうしたアオウミガメの甲羅こうら使つかいます。写真しゃしん(1)でをおこし、(2)のウワミズザクラの木片もくへんすみを(3)にれてやし、(4)の竹箸たけばし甲羅こうらってあぶり、(5)でみずをかけ、ひびれからうらないます。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
    2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
    3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
    4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
    5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです