メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

2019第1日 C'est Cannes!(それがカンヌだ!)

記者会見で会場を沸かせた審査委員長のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督(中央)=フランス・カンヌで2019年5月14日、小林祥晃撮影

 カンヌの空は、今年も真っ青です。

 ボンジュール(こんにちは)。

 地中海に面した南仏のリゾート地・カンヌで14日、第72回カンヌ国際映画祭が開幕しました。カンヌは参加者の人数でも注目度の高さでも、世界最高峰の映画祭。普段、日本で映画に関する取材をしている私たちも、驚いたり、感心したりすることの連続です。25日の閉幕まで12日間、取材の裏側や現地で見たこと、感じたことをお伝えしていきます。

 カンヌ映画祭の開幕セレモニーは例年、初日の夜に行われます。しかし、各種メディアの取材は、その数時間前から始まります。セレモニーに先立ち、審査委員の記者会見があるのです。14日も午後2時半から、地中海に面したメイン会場「パレ・デ・フェスティバル」で、9人の審査委員全員が出席して記者会見がありました。

この記事は有料記事です。

残り1804文字(全文2149文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです