メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ブルガリアの人気ボクサー、女性記者へのキスで出場停止と罰金

ブルガリアで人気のボクサー、クブラト・プレフが米国で行われた試合後のインタビューで女性リポーターの顔を引き寄せ唇にキスをし、罰金2500ドルと7月までの出場停止を言い渡された。写真は2017年9月撮影。(2017年 ロイター/Andrew Couldridge)

 [ロサンゼルス 14日 ロイター] - ブルガリアで人気を誇るボクサーが、米国で行われた試合後のインタビューで女性リポーターの顔を引き寄せ唇にキスをし、罰金2500ドル(約27万円)と7月までの出場停止を言い渡された。

     クブラト・プレフは、カリフォルニア州のスポーツ委員会が行った公聴会に出席。セクハラ防止研修への出席も命じられた。

     27試合で1敗しかしていなかったプレフは3月、同州コスタメサでの試合で、ルーマニアのボグダン・ディヌに第7ラウンドKO勝ち。その後、生中継のインタビューでリポートしていたジェニファー・ラバロさんの顔をつかみ、キスをした。

     プレフは公聴会でラバロさんに謝罪。後ろには、ガールフレンドでブルガリアのポップスターであるアンドレアさんが座っていた。

     プレフの弁護士は、大きな勝利を収めた直後で舞い上がっていたと擁護した。

     一方、ラバロさんは涙ながらに、カメラに映っていないところで同選手から尻をつかまれ、辱められたと証言。それから2カ月、謝罪を受けていないと述べ「キスされたくなかった」と話した。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
    2. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
    3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
    4. 大きな虹 福岡の空に
    5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです