メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北勝富士 貴景勝止めた!埼玉栄高先輩の意地で令和初白星(スポニチ)

[PR]

大相撲夏場所3日目(2019年5月14日 両国国技館)

 平幕の北勝富士が新大関の貴景勝に土をつけた。押し込まれたところから右おっつけで反撃に出て、土俵下まで押し出した。関取に上がる前のがむしゃらさを思い出して埼玉栄高の後輩を破り、令和初白星を挙げた。高安、豪栄道も敗れ、大関は総崩れ。一人横綱の鶴竜はきわどい勝負を制して初日から3連勝とした。

     練りに練った攻めがはまる時もあれば、何もできずに終わることもある。北勝富士はどちらかといえば緻密な戦略を遂行して勝利を奪うタイプだが、初日から2連敗で迎えた貴景勝戦は、作戦らしい作戦は立てずに土俵に上がった。

     「がむしゃらに前に出ることだけを考えた。(相撲内容は)あまり覚えていない」

     それは日体大から入門して前相撲から始め「早く関取に上がりたい」と一心不乱に取り組んでいたころと同じ気持ちだった。初心に帰ることで、本来の動きが戻った。貴景勝に低く当たられて後退したが、右おっつけで相手の攻めを封じ、そこから左喉輪、右はずで勝負を決めた。「いい相撲が続いていた大関に真っ向勝負で勝てたので、ここからというのはある」。昨年夏場所から4連敗していた相手からの勝利を喜んだ。

     1年前の夏場所は「頸椎(けいつい)椎間板ヘルニア、右大腿四頭筋肉離れ」で初の途中休場を強いられた。当時のことを思い出すと「土俵に上がらせてもらえることに感謝している。恩返しできたらいい」と謙虚な気持ちになれる。埼玉県所沢市出身で、貴景勝は埼玉栄高の4学年後輩。「先輩の意地?そういうことは考えない。十両は向こうが早かったから」と意識はしていない。

     3日目の令和初勝利。「令和のうちに引退すると思うけど、令和で負け越さないように頑張りたい」。この1勝が大きな自信になったことは間違いない。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

    2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

    3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

    4. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです