メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

生誕110年・松本清張 繰り返し映像化のわけ 格差社会の陰にフィット 

松本清張

 令和の時代を迎えても、昭和を代表する作家は今なお新鮮に映るのかもしれない。今年、生誕110年を迎える社会派ミステリーの巨匠、松本清張。その作品は、読み継がれ、繰り返し映画やドラマになっている。時代を超えて映像化される「謎」を解きほぐしていきたい。【小松やしほ】

「変わらぬ人間の本質」描き、演出意欲かき立てる

 テレビ朝日とフジテレビがこの春、「開局60周年記念」番組に選んだのは清張の作品だった。テレビ朝日の「疑惑」は、1982年に「昇る足音」のタイトルで雑誌に掲載された作品が原作だ。フジテレビの「砂の器」は新聞連載小説で、掲載は60~61年なので半世紀以上も前の作品ということになる。

 時間が流れるスピードが速く、インターネット上も含めて数多くの小説が生み出される現代の文学界では、清…

この記事は有料記事です。

残り2857文字(全文3201文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 東京・新橋で5台絡む事故 子ども乗せた観光バスも
  5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです