メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

天皇制の「伝統」とは 時代に即した柔軟性

 新天皇陛下が活動を始められ、世の中はなんとなく浮き立っている。しかし冷静に見れば、皇位継承資格者は、お三方に細ったわけだ。皇室の将来像を巡る議論が今ほど必要な時もない。

 議論の焦点は「万世一系」と「男系男子」だろう。現行憲法では消えた万世一系の文言も、皇位継承論議では今も見え隠れする。一方、「皇室典範」は「皇位は皇統に属する男系の男子が継承する」と定める。この「父方が天皇の血を引く」との男系男子問題は、今や最大テーマの一つだ。

 これらはどこまで「皇室の長い伝統」なのか。最近出た『古代王権の史実と虚構』(竹林舎)の編著者、仁藤…

この記事は有料記事です。

残り1440文字(全文1706文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです